外国人技能実習生が抱える問題

2000年代の初め頃から、多くの外国人技能実習生を見かけるようになりました。
希望を抱いて日本に来た実習生たちを待っていたのは、過酷な労働条件や人権侵害。
私たちは、年間130件あまりの相談を受け救援活動を行っています。

おもな相談内容
・賃金不払い
・労働災害(労災)
・解雇
・パワハラ
・人権侵害
・強制帰国

相談者の地域・国籍
アジア各国を中心に日本全国から

※技能実習制度とは、、、
技能実習制度とは、「開発途上地域等へ技能移転を図り、その経済発展を担う人材作りに協力すること」を本来目的として創設された制度です。
しかし、この制度を安価な労働力として利用し、最低賃金すら払わずに長時間働かせる悪質な経営者が後を絶たないのが現状です。